ブライトJPの働き方改革

ブライトJPは従業員が合理的に働きやすい職場環境づくりに力を入れています。

Slack・Zoomの導入でムダを削減

従業員全員がコミュニケーションを取るツールとしてSlackを導入しています。社内でのコミュニケーションや簡単な仕事の振り分け、外出先でも全員で情報共有をリアルタイムに行える環境があることでムダな仕事が減り、労働時間を合理的に使うことが可能になりました。

また、Zoomを導入することでどこにいても会議が可能なことはもちろんのこと、現場で撮影しながら会議をすることで言葉だけでは伝えきれない情報を共有できるようになり、その場で問題解決することが可能となりました。

限りある時間をいかに有効に使えるかが弊社のテーマのひとつです。

職場環境1

VPN接続を利用しテレワークを可能に

本社に物理サーバーを置き、日頃よく取り扱うデータや資料を保管しています。そのサーバーに外出先から接続できる高セキュリティかつ低コストなVPN接続環境を構築しています。これによりネット環境下であればどこからでも社内サーバーに保管されているデータにセキュアなアクセスが可能となりました。今後は従業員全員にテレワーク用PCの配布も検討しています。

時代の流れと従業員に寄り添える会社づくりが今、必要とされているのではないかと考えています。

職場環境2

福利厚生を積極的にアップデート

社会保険・厚生年金・雇用保険の加入はもちろんのこと、令和3年4月より国の認定を受け、企業型確定拠出年金に加入します。これまで個人の資産運用に興味がなかった従業員も家族の将来や自身の老後を考えれるように会社がバックアップしていきます。

また、弊社は就業規則・給与規程・旅費規程等を法改正の度に社会保険労務士監修の元、変更・追加し労働基準監督署に提出しています。

従業員の生活と将来を考え、積極的にアップデートしていきます。

workplace